COLUMNコラム

不動産屋にいくときに準備しておくべきものをご紹介!

2017.3.18

暮らしの話

引越しの経験は、だれもが多く持っているものではありません。

大半の人が前回不動産屋に行ったときに何が必要だったのかということは、忘れてしまっているのではないでしょうか?そこで今回は、不動産屋に行くときにあらかじめ準備し、持っていくものをご紹介します。

持っていくとよい持ち物

不動産屋に行く時に持っていくとよい持ち物はいくつかあります。

・筆記用具

・身分証明書コピー

・印鑑

・収入証明書コピー

上記のものを持っておくと、物件を申し込む際に必要になります。あらかじめ持っていくとスムーズなやり取りが行えます

準備しておくべき必要な情報

不動産屋にいく時、必要になる情報もいくつかあります。

・名前

・住所

・生年月日

・勤務先名前

・勤務先住所

・勤務先電話番号

・勤務先資本金

・勤務先従業員数

・年収

pixta_18034183_S

普段は意識していない情報も含まれています。また連帯保証人の情報も必要になりますので事前に準備しておきましょう。

その他の持ち物

契約以外で必要になる持ち物もいくつかあります。

・運動しやすい靴

そのまま内見に行く場合も考えて、歩きやすい靴を履いていくことをオススメします。

・メジャー

内見するお部屋で寸法を測るときに必要になります。なかには貸し出ししている不動産屋もあるので、事前に確認しておきましょう。

・メモ用紙

寸法をとってもメモ用紙がないと記録を取る事ができません。採寸した数字を覚えていられる自信がある方は必要ないですが、そうでない方は持っていきましょう。最近ではスマートフォンの機能でまかなえる場合もあります。

・カメラ

もし契約するお部屋に傷があった場合。それを証明するために撮っておくとよいでしょう。

また図面や間取り図のコピーなど、実際の建物と比較ができるものや、正確に建てられているか確認できる三角定規や方位磁針などもあるとよいでしょう。

3つのポイント

このように不動産屋に行き「物件を探す」もしくは「申し込み・契約する」ときは、普段持ち歩かないものや知らない情報が必要になってきます。

お部屋の申し込みは管理会社にFAXが届いた順番です。そのFAX一枚の差で目星をつけていた部屋が契約できなかったとなれば、後悔することはもちろん、時間の無駄にもなってしまいます。

そうならないためにも、ここで紹介した物や情報を事前に準備し、そろえておくとよいでしょう。あなたがスムーズなお部屋探しができるよう、ぜひ参考にしてみてください。

 

RENONAVIのイチ押しコラム

RECOMMENDS

お部屋探しの方はこちらから。
センスあふれる素敵なインテリアの
リノベーションマンションを集めました。