COLUMNコラム

住まい探しのアドバイス

部屋確認時のチェックポイント

2017.12.8

暮らしの話

大きな期待と不安でいっぱいの新居探し。インターネットを使えば、多数の賃貸物件を見ることができ、周辺の環境も確認することができます。

しかし、実際に暮らしてみると、「思っていたのと違った」なんていうこともありがち。そのような後悔をしないために、気になった物件はしっかり事前に確認しましょう。住まい探しのアドバイスとして、部屋を実際に確認する際のチェックポイントをご紹介します。

部屋確認時に持っていくもの

実際に部屋を確認する際に持っていくと便利なものをご紹介します。

筆記用具、メモ用紙

気づいたところをどんどんメモしましょう。

新居に持っていく家具の大きさをメモしたもの、メジャー

ベッドやテレビ、タンスなど、持っている家具が部屋に入るかしっかり確認できます。

チェックリスト

自分なりの部屋へのこだわりを書いたチェックリストを事前に準備し、チェックしましょう。多数の部屋を見た後に比較することができます。

携帯電話もしくはカメラ

バルコニーからの眺望や、気づいた汚れ、キズなども撮影しましょう。

方位磁石

図面だけではなく、実際に部屋の中で方位をチェックしましょう。

部屋確認時のチェックポイント

インターネットや情報誌面からではわからなかったことも、実際に部屋に行けば一目瞭然。自分のライフタイルも考えながら、以下のポイントをしっかりチェックしましょう。

日当たり

部屋の方位に合わせた時間に確認しにいきましょう。東向きなら朝、西向きなら午後から夕方にかけてなど、明るい時間帯にどれくらい日が差すのかをしっかりチェック。南向きと謳われていても、目の前に大きな建物があると日が射し込まないなどの問題がある場合もあります。

広さ

居室の広さは充分か、リビングにテーブルにどのようにテーブルを配置できるかなどをしっかりチェック。持っている家具のサイズを書いたメモを確認しながらメジャーで測ってみるのも大切です。

騒音

電車や車の騒音はもちろん、住んだ後にトラブルになりがちな上下階や隣戸の生活音が聞こえないかもしっかりチェック。もし上下階や隣戸が空いているようなら、友人や家族に部屋にいってもらい、携帯を鳴らしてもらったり、足踏みしてもらって音の漏れがないかを確認してみましょう。

室内のキズ・汚れ

床や壁のキズや汚れ具合はしっかりチェック。入居前に補修してもらえるかを確認しましょう。事前にしっかり伝えておかないと、将来出て行く時にトラブルになる可能性もあります。

収納容量

クローゼットや下足入れ、押入などの大きさや収納量をチェックしましょう。何を入れるのかをイメージしながら確認することが大切です。

建具や窓の開閉確認

玄関ドアやリビングドア、窓などがスムーズに開閉できるかチェックしましょう。特に窓や網戸がしっかり閉まっているかの確認は大事です。

コンセント、テレビ、電話端子の数と位置

室内の許容電流量とともに、コンセントやレビ、電話端子の数もしっかりチェック。自分が持っている家電の数とコンセント数を照らし合わせるとともに、位置も確認することで、家電の置き場所も決まってきます。

設備

エアコンや照明などの設備が付いているか、インターホンが実際になるかなどの確認をしましょう。

携帯電話の電波の入り具合

意外と確認を忘れがちなのが携帯電話の電波状況。周囲にビルが密集していると、部屋の中では携帯が使えないなんてこともあります。

防犯

オートロックやセキュリティなどがある部屋ならば大丈夫ですが、古い建物にはセキュリティがないものもたくさんあります。ベランダに出た時に、外からどれくらい室内が見えるのか、1階住戸ならば部屋へ侵入されないような構造になっているかなどをしっかりチェックしましょう。

以上、これから新居を探す方のために、部屋確認時のチェックポイントを紹介しました。

インターネットや誌面だけの情報に惑わされず、自分の目でしっかり確認することが部屋探しの大事なポイントです。素敵な住まいを見つけるために、是非参考にしてみてください。

RENONAVIのイチ押しコラム

RECOMMENDS

お部屋探しの方はこちらから。
センスあふれる素敵なインテリアの
リノベーションマンションを集めました。