マンション管理費のここに注意が必要

2016.12.18

不動産基礎知識

物件によって金額に差のある管理費ですが、その金額が低いからといって必ずしもお得なわけではありません。マンションの売り出し時に管理費の安さによるお得感を出そうとして管理費を低くした結果、必要な資金が不足してしまう物件も少なくないのです。

管理費はずっと変わらないと思いがちですが、マンション全体の収益が厳しくなった場合は、その収入を増やすために、当然管理費を値上げします。

目先の管理費の低さに惑わされず、しっかりと物件を選ぶために、管理費の基礎知識と注意するべき点をご紹介します。

pixta_20289741_S

1.マンションの管理費は何に使われる?

マンションに住む際、管理費がかかることは皆さん理解されていると思いますが、実際の使用用途を把握されていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

マンションの管理費は、マンションの共用部分を文字通り「管理」するために使用されます。具体的には、エレベーターの管理費用、エントランスや廊下の清掃費用、管理人の月々の給料などです。

最近は、マンションの安全性を高めるために警備員を常駐させたり、サービス強化のためにコンシェルジュをフロントに置いたりすることも多いですが、それらの月々の給料も管理費から捻出され、月々の支払額は高くなります。

マンションを購入する際には、マンション自体のローンに加えて、月々の管理費もしっかり考慮し、支払い計画を立てることが重要です。

2.管理費が安いときの注意点

中古マンションを見てみれば分かると思いますが、管理費と修繕積立金を合わせて40000円以上の物件も珍しくありません。管理費が高い理由は、元々の管理費が高い場合もありますが、大抵の場合、最初の売り出し時は低くしておいて、資金繰りに困って管理費を値上げしたマンションがほとんどです。新築マンションで相場より管理費が低い場合には注意しましょう。

管理費の値上げに踏み切る原因の一つにあげられるのは、マンション内の機械式駐車場の維持費不足です。駐車場が埋まらなければ、その分の収入を得ることができず、月々の居住者の負担が増えてしまいます。また、20年に一度を目安に機械の大幅な入れ替えをする必要があるため、その際には1台100万円以上の費用が必要になります。

ただ、これらの設備のメンテナンスを怠ると、万が一の事故につながる可能性もあるため、絶対に必要な出費と言えるでしょう。

pixta_4618403_S

マンションの管理費を見るときに注意するべきことは、目先のお得さを追求することではありません。

10年後、20年後にも安心して住めるために、必要な資金を蓄えているかどうかです。

何に使われているかをしっかりチェックして、最適な物件選びの参考にしてみてくださいね。

 

RENONAVIのイチ押しコラム

RECOMMENDS

お部屋探しの方はこちらから。
センスあふれる素敵なインテリアの
リノベーションマンションを集めました。