COLUMNコラム

「あなたの家を探している人がいます」
は真っ赤なウソ!?

2016.10.28

ここだけの話

「あなたのマンションを探している人がいます!」

「至急!3月末までにご入居希望です!5,000万円までなら現金で即購入します!」

「このマンションを探しています!大手企業勤務・70㎡以上希望・予算7,000万円!」

マンションを所有している方なら、チラシに書かれたこのような言葉を、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
このようなチラシを見る度に「うちは人気マンションなのね」「今売れば、高く売れるんじゃないかしら」「売ろうと思えばすぐに売れそうだな」「この不動産屋に頼むと早く売れそうだな」と思うわけですが・・・。

心して聞いてください。実のところ、このチラシ、真っ赤なウソかもしれません!!

1.探してる人がいなくても「探している人がいます」?!

不動産屋の目線でこのチラシを詳しく解説します。

実は、この「あなたのマンションを探している人がいます」チラシは、売却不動産を集めたい不動産屋がよく使う手です。
「無料査定します」「誠意ある接客をいたします」「真心こめてお手伝いします」なんて言葉よりも、「具体的なお客さまがいます」と言った方が、売却を検討しているお客様からのウケが良く、連絡してもらえる可能性が格段に高いのです。

そこで実際にお客様がいようがいまいが「マンション限定でさがしている人がいます」という風に書くわけです。しかし、それだけではまだ弱い。チラシを見た人に「ここに連絡すれば良い買い手を紹介してもらえる!」と思ってもらうために、「大手企業」「年収●●万円」「3月までに入居希望」「急な転勤につき、多少高くても構わないと言っています」「近くにご実家があるため」など、あたかも本当にお客様がいるかのように、出来るだけ具体的な真実味を持たせた探し人のプロフィールを書いているのです。

1601-51_02

これで「具体的な(しかも条件の良い)お客様がいる」と思わせることができたら、次に、「自分の家は、この人が探している条件にピッタリだ!」と思ってもらわなければなりません。

売却を検討しているお客様の気持ちになってみると、いくらマンションを探している人がいても、探している条件と自分の家の条件が合わなければ、買ってもらえるとは思えないでしょうから、どのような条件の家を探しているのかが、とても重要な要素になるのです。

2.「お探しの条件」に注意!

そこで、「お探しの条件」をチラシに記載するのですが、その「お探しの条件」。よく見ると、「ある程度具体的にしつつも、かなり多くの人に当てはまるような条件」が記載されています。

1601-51_03

例えば、
「あなたのマンションを探している人がいます!是非ご連絡ください!」
Aさん:「夫婦二人暮らしの共働き。1LDKか2LDK、4,000万円台でお探しです。リフォーム前提なので、お部屋の設備にはこだわりません。」

Bさん:「3人家族で大手企業にお勤めです。70平米台3LDKでお探しです。」

Cさん:「4人家族で、ご実家が近いということでこのエリアでお探しです。80平米以上をご希望で、6,000万円までなら現金でご購入されます。」

いかがでしょうか?このように書けば、金額部分をエリアによって書き分けることで、たいていの家をカバーすることができます。
どの家でもいずれかには当てはまるようなことが書かれているにも関わらず、何も知らない売却検討者の方は、「自分のマンションは人気」で「まさにこのマンションが欲しい人」がいて、「かつその人の探している条件が自分の家にピッタリ」と思い込み、そのチラシに書かれた不動産屋の連絡先にアプローチしてしまうのです。

ちなみに、マンション検討者の「職業が医者・弁護士・経営者だ」や「購入は現金払いだ」というプロフィール。よく書かれていますが、実は住まいの売買において特に重要な要素ではなかったりします。なぜなら、多くの購入者は一般的な職業ですし、住宅ローンも組みますが、それでも特段問題なく取引は成立しているからです。それなのに、わざわざこのような情報を記載している場合は特に注意が必要かもしれません。

3.最後に

いかがでしょうか?普段目にするチラシでも、見方を変えれば、随分違った見え方がしてくるのではないでしょうか?
一応不動産屋の名誉のために伝えておくと、全ての情報がウソとは限らないですし、本当にお客様がいる場合もあります。正直な不動産屋も沢山います。しかし、一方で、ウソのチラシを平然と作って投函する不動産会社がいることも事実なのです。

「あなたの家を探している人」は、本当に実在しますか?

騙されないよう、ご注意ください。

RENONAVIのイチ押しコラム

RECOMMENDS

お部屋探しの方はこちらから。
センスあふれる素敵なインテリアの
リノベーションマンションを集めました。